動悸(どうき)・息切れには漢方・生薬の力「回春仙本舗(かいしゅんせんほんぽ)」の昭和化学工業。

生薬の力が心臓に効く。強心薬「回春仙(かいしゅんせん・第2類医薬品)」は薬局でお求めください。

文字サイズ 中 大

ストレスと病気、心臓病には回春仙(第2類医薬品)

回春仙本舗トップページ > 回春仙とは? > 心臓とおしゃべりNo.3

心臓病になりやすい性格とは?

心臓とおしゃべりNo.3
ストレスは心臓の働きを調整する自律神経にも影響します

仕事や職場での人間関係の悩み、また、家族内での心配事など、現代人は多かれ少なかれ、誰もがストレスを抱えていると言っても過言ではありません。
「ストレスは万病のもと」とも言われ、身体に及ぼす影響は計り知れないものがあります。ストレスが蓄積すると、心臓の働きを調整している自立神経に影響したり、ホルモンの分泌に変調をきたし、ひいては心臓の働きにも影響を与えることになります。
特に注意したいのが、ストレスをためやすいとされる「Aタイプ」に分類される人たちです。「Aタイプ」とは神経医のフリードマンが生活行動のありかたを元に分類した一つで、他に「Bタイプ」があります。このA、Bは血液型のA、Bとは関係ありません。

Aタイプ

何ごとにも行動的、積極的で、競争心が強く、負けず嫌いで気持ちにゆとりがなく、結果ばかり気にする頑張り屋タイプの人。

Bタイプ

いつも気持ちがゆったりしていて、どちらかと言えば控えめで、むやみに競争心をかきたてることもなく、多少の失敗も気にしない、のんびり屋タイプの人。

冠動脈疾患発生数
資料請求・お問い合わせはこちら