動悸(どうき)・息切れには漢方・生薬の力「回春仙本舗(かいしゅんせんほんぽ)」の昭和化学工業。

生薬の力が心臓に効く。強心薬「回春仙(かいしゅんせん・第2類医薬品)」は薬局でお求めください。

文字サイズ 中 大

心筋梗塞には回春仙(第2類医薬品)が効果的

回春仙本舗トップページ > 回春仙とは? > 心臓とおしゃべりNo.4

症状のない心筋梗塞!

心臓とおしゃべりNo.4
症状のない心筋梗塞、無症候性心筋梗塞にご注意

心筋梗塞の典型的な症状は、激しい痛みですが、この痛みが水面下に隠れる(症状として現れない)ことがあります。
これが無症候性心筋梗塞です。
それでは、このような痛みのない無症候性心筋梗塞は、どのような人に起こるのでしょうか。
以下の条件に当てはまる人は、痛みの感覚が弱くなっているので、注意が必要です。

糖尿病

糖尿病を長期間患っていると、「糖尿病性神経障害」により感覚が麻痺してきます。そのため心筋梗塞が起こっても痛みをあまり感じないことがあります。

過去に心筋梗塞を起こした人

過去に心筋梗塞を起こしたときに、心筋とともに抹消神経の一部が壊死していると、再び心筋梗塞を起こしても、痛みを伝えることができなくなります。

高齢者

加齢により、感覚神経が麻痺してくると、こたつに入っていて、やけどをしたのに気が付かなかったというように、心筋梗塞の痛みもあまり感じないことがあります。

痛みに鈍感な人

歯の痛みでも非常に強く訴える人と、あまり訴えない人がいるように、痛みの感じ方は人によって千差万別です。
したがって痛みに鈍感な人は、心筋梗塞の発作があっても、それに気が付かないことがあります。

メモ

痛みを感じにくくなるのは、脳からβ-エンドルフィンという物質が出るためと言われています。

資料請求・お問い合わせはこちら