動悸(どうき)・息切れには漢方・生薬の力「回春仙本舗(かいしゅんせんほんぽ)」の昭和化学工業。

生薬の力が心臓に効く。強心薬「回春仙(かいしゅんせん・第2類医薬品)」は薬局でお求めください。

文字サイズ 中 大

心不全の原因・症状・治療には回春仙(第2類医薬品)

回春仙本舗トップページ > 回春仙とは? > 心臓とおしゃべりNo.5

心不全とは?

心臓とおしゃべりNo.5

心不全について

「心不全」はよく心臓病の一種と間違えられますが、心不全とは心臓の機能が低下し、全身への血液を送り出す役目を果たせなくなった状態のことを指します。

心不全は心臓に異常な負担がかかる状態が長く続くうちに、心臓が疲れて、うまく働けなくなるために起こります。

心不全の原因

心不全の原因はいろいろありますが、もともとある心臓病の悪化や高血圧などが考えられます。

こうした病気をもっている人に、過労、かぜ、貧血、妊娠、食塩や水の過剰摂取、腎臓機能障害などの条件が加わると、心臓の負担が増え、心不全を起こすことになります。

ストレス・過労・風邪・疲労・高血圧

心不全の症状

0度

高血圧等の心不全を起こす原因はあっても、まだ心不全の症状はでていない段階。

1度

階段を普通に上がっても、息切れが出てくる段階。

2度

階段を一気に上がることができずに、途中で休んだり、夕方になると足にむくみが出たりする段階。

3度

歩いたり、じっとしているときでも、息切れや呼吸困難を感じたり、足に少しむくみが出ている段階。

4度

洗顔や排便などの普通の動作で息切れがし、横になると苦しくて寝ていられなくなる段階。

5度

安静にしているときでも、呼吸が困難という段階。

心不全の治療

0度~2度 薬による治療

1.心臓の収縮力を高める、ジャコウ、ゴオウ、
センソ主剤の生薬強心剤及びジキタリス製剤の投与。

2.血管を広げる血管拡張剤の投与。

0~2度の症状には回春仙が効果的です。詳しくはこちら。
3度~5度 入院しての治療が必要

安静、塩分・水分を控えた食事、薬による治療。

資料請求・お問い合わせはこちら