動悸(どうき)・息切れには漢方・生薬の力「回春仙本舗(かいしゅんせんほんぽ)」の昭和化学工業。

生薬の力が心臓に効く。強心薬「回春仙(かいしゅんせん・第2類医薬品)」は薬局でお求めください。

文字サイズ 中 大

五疳薬でもある回春仙(第2類医薬品)

回春仙本舗トップページ > 回春仙とは? > 回春仙に含まれる生薬・五疳薬について

小さな金粒に、13種の生薬

回春仙は、ジャコウ、ゴオウ、センソ等の動物生薬と、ニンジン、クコシ、カシュウ等の植物生薬、合計13種類の動・植物生薬から構成されています。

回春仙の主な作用は、ジャコウ、ゴオウ、センソによるものですが、その他の生薬は協力的に作用して効果を高め、また各成分が漢方的に複雑な総合作用を発揮し、幅広い効果を生んでいます。

このことは回春仙が五疳薬と言われる由縁でもあります。以上のように、五疳薬でもある回春仙は、動悸(どうき)、息切れ、立ちくらみといった症状の改善だけでなく、弱った臓器の働きを高め、また五臓のバランスを整える作用があり、心臓を中心に五臓全体に好影響を与える生薬強心剤です。

13種類の生薬

回春仙に配合される主な生薬

  • 蟾酥(センソ)

    微量ですぐれた強心作用を現し、心筋の収縮力を高め、血液を増やします。

  • 淫羊霍(インヨウカク)

    イカリ草エキスは身体の働きを活発にします。また、センソと協力して強心効果を高めます。

  • 番紅花(サフラン)

    サフランは鎮静・鎮痛効果の他、手足の冷えや、しびれ感の改善となる抹消の血液循環を改善します。

五疳薬とは?

五疳薬とは、五臓の働きが弱まること、また五臓のバランスが崩れることによって起こる、さまざまな症状(動悸(どうき)、息切れ、めまい、立ちくらみ、寝汗、手足の冷え、肩こり、不眠、疲労感等)の改善に用いる薬をいいます。

五疳薬イメージ
こんな症状にオススメです
資料請求・お問い合わせはこちら